NEW! 記事の「お気に入り登録」機能を追加

著者一覧

藤井迪生 / M. Fujii

藤井 迪生

外資系の海事IT企業の技術職。もともとは外航船の航海士でしたが、その後、大学校の教員を経て現職。未来の船乗り(人)は何をやるべきで、コンピュータに何を任せるべきなのかに興味があり、数値データを使って「船乗りの技を見える化する」研究をしています。博士(工学)

≫ 記事一覧

森山和基 / Capt. K.Moriyama

アバター

1991年10月 東京商船大学を卒業後、大手船社に入社。
外航大型船の航海士として多くの船種に乗船した後、数回の陸上勤務を経験。自動車船、LNG船、カタールLNGプロジェクト等の、主に海務マターを担当する。
2008年4月から船長として、LNG船、コンテナ船などに乗船している。
2015年〜2017年 日本船長協会 常務理事

≫ 記事一覧

加藤由季 / Y. Kato

加藤 由季

2000年に神戸商船大学(航海)を卒業後、一般企業に入社。現在は、海事教育を行っている学校で操船シミュレータを操作するオペレータとして勤務し、主にBRM訓練を担当しています。操船シミュレータ訓練に携わる中で、「人は見るもの(情報源)の違いによって、感じ方や判断が異なるのでは?」と思い、勤務する傍ら大学院にてこの疑問を解明するための研究を行っています。遠隔地から監視や判断を行うには、どのような問題があるのか、その問題はどうしたら解決できるのかということに興味があります。

≫ 記事一覧

安達直 / Capt. S.Adachi

安達 直

学生時代にはセーリングにも燃え、操船の理論を学んだ。外航海運会社の航海士となって種々の巨大商船に歴乗し、両極海を除く「5つの海」を渡り、それに繋がる主要港を訪れた。陸上勤務も度々経験して船長となり、運航の知識を実践した。その後、海上職を退いてタンカーの船舶管理会社に移籍し、安全・効率運航に努めた。タグボート会社に移った今は、タグボートの安全・効率運航や開発に携わっている。
掲載内容は著書「櫓櫂舟から巨大船へ ー海洋民族の素養としてー」を再編集している。

≫ 記事一覧

阪口泰弘 / Capt. Y.Sakaguchi

阪口泰弘

1981年に神戸商船大学を卒業、学生時代はサッカーと麻雀と勉学に夢中。そして、若い頃から憧れた船乗り目指して飛び込んだ外航商船の世界。バルカー、タンカーそして多くのLNG船に乗船経験あり。我が船乗り人生に一片の悔いなし。数年前に船長を卒業して、水先人としてあらたな人生を歩み始めました。船長時代に書き記した「よもやま話」ですが、次に機会あれば水先人から見た船の世界を紹介したいと思います。

≫ 記事一覧