安達 直

安達 直

学生時代にはセーリングにも燃え、操船の理論を学んだ。外航海運会社の航海士となって種々の巨大商船に歴乗し、両極海を除く「5つの海」を渡り、それに繋がる主要港を訪れた。陸上勤務も度々経験して船長となり、運航の知識を実践した。その後、海上職を退いてタンカーの船舶管理会社に移籍し、安全・効率運航に努めた。タグボート会社に移った今は、タグボートの安全・効率運航や開発に携わっている。 掲載内容は著書「櫓櫂舟から巨大船へ ー海洋民族の素養としてー」を再編集している。